会社概要

熱い想いを持つ人の想いの実現へ

一般社団法人KAKEHASHI

<役員>

高橋 正和  

 代表理事、横須賀市職員(法人設立者)/民間企業の営業を経て、2009年横須賀市役所へ転職

photo:shintaro shimazaki

山中 靖  

 代表理事、横須賀市職員(法人設立者)/2013年横須賀市役所入庁

photo:shintaro shimazaki

<設立の背景>

 2018年、市役所の研修の中で、メディア、雑誌、国、SNS等の最前線で活躍する方々の講義や、課外活動中心のグループワークをする中で、民間事業者や市民の方々の話を聞き、横須賀で頑張っている人のために自分たちにもっとできることはないかと考えるようになる。

 2019年、研修受講者の有志で業務時間外や休日を使い、民間事業者等との勉強会や現場視察等を延べ100日実施。活動継続の必要性と同時に限界を感じ、今後も続けるための方法として法人設立を決意。

 横須賀市長に対し、これまでの活動報告と自分たちの想いとともに、法人設立を上申。

 2020年5月、横須賀市役所初の職員発の法人設立を実現。熱い想いを持つ人を繋げる「架け橋」となりたい。そういう想いから、法人名を「KAKEHASHI」とする。

<想い>

「熱い想いを持つ人の想いを実現する架け橋となることでその想いを実現し、世の中をもっと良くする」

 私たち一般社団法人KAKEHASHIは、熱い想いを持つ人を繋げる架け橋となり、その想いを実現させて、世の中をもっと良くすることを目的に設立しました。

 熱い想いがある人が繋がることは、その想いを実現させる推進力となります。

 「熱い想いを持つ人の想いを実現する架け橋となることでその想いを実現し、世の中をもっと良くする」というビジョンのもと、主に、地域の特産品の開発や販路開拓の支援、人財ネットワークの構築などを実施します。

KAKEHASHIとは

<ミッション>

強い地域経済を作る

スピード感や柔軟性を持って地域の課題を解決するため、以下の循環によって、強い地域経済を作ります。

  1. 地域の特産物の開発・販売、販路開拓、人財ネットワークの構築
  2. 新しい産業の創出
  3. 教育、社会福祉、人財育成への支援

<事業内容>

  1. 地域の特産物の販売、付加価値の創出や販路開拓の支援
  2. 人財ネットワークの構築
  3. 教育、社会福祉、人財育成等の支援
  4. 産学官連携の推進
  5. 研修や講演等

<沿革>

2020年

5月 横須賀市役所初となる職員発の復業法人として設立

10月 花による社会課題解決のため、花う(横須賀市上町)と連携協定締結、「生け花おけいこ定期便」の販売開始

10月 アスタミューゼ株式会社との連携協定締結「専門技術者の雇用支援」開始

11月 開発商品第一弾、無添加・無着色の離乳食にも使える野菜のピュレ「SUKOYAKA Puree」販売開始

11月 横須賀市長へ商品開発・販売報告

11月 小泉進次郎・環境大臣へ法人設立報告の表敬訪問

11月 mam&kids salon「結-Yui-」(横須賀市鴨居)と、より良い子育て環境作りの実現に向けてパートナーシップを締結

12月 mam&kids salon「結-Yui-」(横須賀市鴨居)へ、売上の一部を寄付

12月 一般社団法人 at Will Workが主催し、経済産業省が協賛するコンテストでW受賞

12月 「リマインドギフト便」の販売開始

2021年

2月 Siblings合同会社と連携協定を締結し、「命育」サイトやセミナー等を通じた性教育プロジェクトを開始

4月 立教大学法学部薬師丸ゼミと開発したピクルス「Pickles Beauty」を、無印良品コースカベイサイドストアーズ横須賀で店頭販売を実施し、200個を完売

<メディア出演・掲載>

2021年

4月30日 TBS NEWS23 性教育の“タブー視”を変える試み

4月25日 テレビ神奈川 カナフルTV【生け花おけいこ定期便】

4月21日 NHK 首都圏ネットワーク【立教大学とのピクルス製作】

4月16日 J:COM湘南(横須賀局)地元応援つながるNEWS 鎌倉・横須賀(無理アプリ「ど・ろーかる」ダウンロードで視聴可能)【立教大学とのピクルス製作】

4月7日 神奈川新聞 規格外野菜でハートのピクルス 横須賀の無印良品で限定販売

4月6日 横須賀経済新聞 立教大生ら、横須賀野菜を使ったピクルスを商品開発 無印良品で店頭販売

2月9日 日本経済新聞 神奈川・横須賀職員の高橋さん「副業で地域の懸け橋に」

2月4日 神奈川新聞(イマカナ) 横須賀市の老舗生花店「花う」 生け花のお届けサービスを開始

2月3日 日本経済新聞 自治体の副業活用 柔軟に 民間登用、職員にも解禁 横須賀市 法人設立、企業を支援 さいたま市 IT整備へ人材採用

2月1日 フリパラ(フリーランス協会公式note) 「地元農家の課題」を何とかしようと思った公務員が、副業するために法人をつくった話

1月20日 日本経済新聞 地元企業の人材雇用を支援、横須賀市職員設立の法人

1月1日 神奈川新聞 熱い想いを持つ人をつなぐ架け橋となるために(ページ最下部に記事掲載)

2020年

12月28日 神奈川新聞 遊具の購入費用を寄付 横須賀市職員「複業」の社団法人

12月24日 号外NET横須賀市 子ども達も大喜び!「マムアンドキッズサロン結」に新しいおもちゃが贈呈されました!

12月4日 タウンニュース横須賀版 素材そのまま野菜ピュレ

12月1日 毎日新聞 横須賀市職員「副業」で法人設立 人脈、ノウハウを行政に還元 経済強化へ地場産品で商品開発 /神奈川

12月1日 読売新聞 農家支援へカボチャピュレ 横須賀 市職員設立の法人商品化

10月12日 FMブルー湘南78.5MHz 遊びにきませんかスタジオへ 出演

10月10日 日本経済新聞 横須賀市職員設立の副業法人、地元企業を支援 掲載

10月8日 J:COM ジモト応援!神奈川つながるNews〜横浜・鎌倉・横須賀〜(無理アプリ「ど・ろーかる」ダウンロードで視聴可能)

9月18日 タウンニュース横須賀版 「繋いで稼ぐ」公務員と別の顔 掲載

9月18日 タウンニュース横須賀版 人物風土記 掲載

<連絡先>

E-mail:mail【at】kake-hashi.info(メールを送付いただく場合は、【at】部分を@に変更してください。)

LINE / Facebook / Instagram

郵便物等の送付先は別途ご案内させていいただきますのでまずはご一報ください。

2021年1月1日 神奈川新聞