Pickles Beauty with 立教大学

熱い想いを実現する架け橋となりたい

 立教大学法学部薬師丸ゼミ住民班の皆さんが中心となって、農家さんとの対話の中から課題を発見し、その課題解決のためにピクルスを企画開発。

 大きく育ちすぎたり、傷がついた野菜を活用した商品開発に取りかかり、ビンの形状、タグデザイン、ピクルスの液作りや野菜のカット方法などのほぼ全てを、Z世代の視点と感性で、横須賀の野菜の価値創造を図るプロジェクトです。

 2021年の春は、無印良品コースカベイサイド横須賀店のご協力を得て限定販売をしました。

 季節限定販売としているため、販売時期が来ましたらお知らせいたします。

使用する野菜の生産者

鈴也ファーム・鈴木優也氏

 フォルクスワーゲン車のディーラーを経て2011年に家業の農家を継ぐ、神奈川県横須賀市の相模湾と東京湾に挟まれた丘の畑で、海からの潮風が注ぐミネラル豊富な土壌で野菜を育てる。

商品の購入はこちら

その他の取り組み

トップページへ戻る